FP(ファイナンシャル・プランナー)2級の優良講座の条件①

FP2級の勉強法には、優秀な先生が配属している業者がやっている講座を使うこと、特に家で時間に縛られずに勉強できる通信講座をできるだけ利用したほうがいいことは前のページでも説明しています。

FP2級の通信講座もあっという間に種類が増えてしまいました。FP2級を受けたい人たちが増加している中で新規参入する業者が増えてしまったようですから、おそらくは優秀ではない通信講座もあることでしょう。
ここでは、FP2級をまっさらな状態から目指す上で、どんな通信講座だったら勉強を支えてくれるのか項目を分けて書いていきましょう。

1.FP3級と、FP2級の講座を両方開設している通信講座であること

これは、FP2級の受験資格をスムーズに獲得する上でとても大事なことです。
どちらかしかやっていないという業者も実はありますし、これからはもっと増えていく可能性があります。
FP3級と2級で、それぞれ違った業者に申し込むとなるとカリキュラムが変わってしまいますから慣れるだけでも時間が大幅にとられてしまう恐れがあります。

2.(AFPに関して)FP協会の認定を受けている通信講座であること

これは、FP2級とAFPの資格を両方手に入れたい人にとっては非常にありがたい通信講座です。
学校型の講座にしても通信講座にしても、現在の日本ではFP協会からAFP登録講習を行うことに関する認定を受けていないと、FP2級とAFPの両方のオリエンテーション等を行うことは許されません。
つまり数は限られているのですが、その数少ない認定を受けている業者でFP2級の講座を受講すれば、FP2級に受かったときに、AFPの登録講習を修了したのも同然になります(登録の手続きはしないといけませんがわざわざ講習を受ける必要はありませんから時間も費用も大きく省けます)。

FP2級に関する評判を聞いただけの人たちはAFPの資格に関心を示さないことがありますがそれは大きな間違いでしょう。FP2級だけでも企業からは評価されることはされますが、AFPの資格もあってこそ真の価値を発揮してくれます。

FP3級とFP2級、そしてAFPと、とんとん拍子に手に入れられるようにコースを組んでいる通信講座で勉強をすることが、世の中でこの資格を活かしたい人たちの最短のコースになるのです。